クレジットカード業界の果たす役割り

クレジットは、生活者、提携先(加盟店、金融機関)、およびクレジット業界の3者がともに繁栄するための構造になっていますのでこれからも発展が予想されます。

クレジットカード業界が果たす役割とは、要約すると生活者としての消費者のためのクレジットカードのあり方について改善することによって、より使いやすく健全なクレジット社会が必要で、築いていくことです。



そのためにクレジットカード業界は、提携する企業や金融機関などの業界をとりまく周辺企業に対して次の機能を代行することで大きな恩恵がもたらされています。



1顧客の信用調査機能2計算事務の機能3集金機能4リスク負担機能5金融機能これら5つの機能をクレジットカード業界が果たすことによって、提携先は新しい顧客層の開拓ができ新分野への取り組みが可能になります。


最近の提携カードの増加はめざましいものがあります。

顧客は、ポイントなどの恩恵を受けることができます。

反面、クレジットのデメリットもあります。



自分の支払い能力を無視して借金のための利用を繰り返す多重債務者の問題が表面化してクローズアップされています。

本来の健全なクレジット社会を実現するためには、生活者のためのクレジットとは何かを原点として、クレジットにおける新しい秩序であるフェアな業界の競争のありかたを考える必要があります。複雑でわかりにくいクレジットのシステムをみんなで知恵を出して一般の人にもわかりやすい言葉で説明する。


本質を理解してもらう努力をすることが望まれています。

いまどきの金融

クレジットカードの支払い方法は複数ありますが、手数料が発生するものもあるので、特徴を把握して利用しましょう。最も一般的な支払い方法が翌月一括払いであり、利用した代金を翌月に一括で支払うもので、手数料がかからないのが特徴です。...

more

関連情報

お店で商品を購入したり、食事やエステサロンを楽しんだ後に会計で使えるのがクレジットカードです。現金を持っていなくても会計を済ませることができるのがメリットですが、実はクレジットカードでお金を借りることも可能です。...

more

最新情報

クレジットカードでは家族カードを発行することもできます。カード会社によって対象となる範囲に差異がありますが、一般的に生計を共にする18歳以上の子供や両親、配偶者に対して発行できます。...

more

注目情報

お金を使う度に得するサービスに、クレジットカードと呼ばれる特別なカードがあります。このカードは商品代金の支払いや水道光熱費などの公共料金の支払いに使うことができ、使えば使うほどポイントが貯まっていきます。...

more